歩く旅は、シンプルだけどさまざまな発見がある贅沢な旅

自分のスタイルで挑戦できる歩く旅

何かとスピード感が重視される現代で、あえてのんびりと歩く旅というものが注目されています。時間の使い方という面では非常に贅沢な旅であり、速く通り過ぎてしまっては見えないものが見えることで、交通機関を利用する旅とは違った体験ができます。

歩く旅といっても、実際に旅に出る人の姿勢は、のんびりマイペースで行きたい人、目標を決めて進みたい人、自分の限界にチャレンジする人などさまざまです。日本一周や大陸横断などに挑戦するという話を聞かないではないですが、よほどの覚悟がいり実行できる人は非常に限られるといわざるをえません。東海道を歩くや四国のお遍路巡りなどは、比較的いろいろな人が実行している長めの歩く旅のスタンダードコースといえます。しかし、それでもかなりの時間がかかり一筋縄ではいかない旅です。一度に続けて歩かず、何回かに分けて踏破するスタイルもあります。

初心者でも大丈夫しっかりと計画を立てて出かけよう

初めての歩く旅を計画するときは、まず、自分の体力を知ることが大切です。1日に歩く距離は20kmから30km程度で年齢や普段の運動量などを考慮して決め、また上り下りの度合いなどもチェックしておきます。まずは、日帰りか長くても1泊か2泊がおすすめです。行き当たりばったりの旅も魅力的ですが、初めは周到な準備をして臨みましょう。荷物をできるだけ軽くし、足によくあっている歩きやすい靴を選びます。長く歩くためにはここはけちらずに、長距離を歩くのに適した靴を用意することが肝心です。歩く前には軽く準備体操をして、無理せず休み休み行くつもりで歩き始めましょう。特に気をつけなくてはいけないことは、こまめに水分補給をすることと、早めに目的地に着くように行動することです。

フライアゴーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です